インターネット回線を賢く選ぶには?

初めて一人暮らしを始めるときに、気になるのがインターネット回線の契約です。
色々な種類のインターネット回線やプロバイダーの中から、生活スタイルに合ったものを選びたいですね。ここでは、そんな引っ越し間近な人に、知っているようでよく分からないインターネット回線の種類や選び方をご紹介したいと思います。

インターネット回線とは?

まず、インターネット回線って結局何のことなのか知っていますか?
インターネット回線と共にプロバイダーとは何かの基礎知識を説明したいと思います。

インターネットを接続するときに必要なものがふたつあります。
それは、インターネット回線とプロバイダー接続サービスの利用です。
そのプロバイダーとは、「インターネットサービスプロバイダー」と言い、IPアドレスと言う個別の識別番号を、個々の家庭に割り振る役目をします。

インターネット回線とは、インターネットに接続するための回線で、お家のパソコンをインターネットにつなぐ道のようなものです。
インターネット回線で、主なものと言えば、光回線と、ADSL、CATVインターネット回線があります。

まず光回線とは光ファイバーケーブルを使用したブロードバンド回線です。一本の光回線を複数人で共有するため、他の利用者の影響を受けて、通信速度が遅くなることも有ります。ADSLとは、電話線を利用して高速なデータ通信を行います。回線の距離や質によって通信速度に影響があります。またCATVインターネット回線は、TVの有線放送サービスで使用しないチャンネルを使用してインターネット接続に使用するものです。

どのインターネット回線を利用するのか悩むところですが、料金設定にはあまり差がなくキャンペーンを行っていたりすると、定価よりも安く回線を使用できるものも有りますので、充分検討しましょう。

プロバイダー選びの基本事項

このプロバイダーは、大きく分けて三つの種類が有ります。
電気メーカー系のブロバイダーで、サポートがしっかりしているので、パソコン初心者向きのブロバイダーが多いです。例えばSony、NEC、富士通などでパソコンメーカーがブロバイダーになっていることが多いです。

その次に、NTTやKDDI,ソフトバンクなどの通信会社系ブロバイダーです。
光回線によるインターネットサービスを提供していて、電話や携帯電話の料金と一緒にすることで割引があるなど、加入のメリットが大きいです。

もう一つが、電力会社系列のブロバイダーで、回線利用料がお得になっているケースが多いです。プロバイダーには、さまざまな種類が有り回線や速度などや、マンションなのか一戸建てのお家なのかによって、色々なプランが用意されています。

プロバイダーを選ぶに基準としては、工事初期費用、月額の利用料金や割引サービスの有無などの毎月支払う料金から選ぶことをお薦めします。

WiMAXって何?

インターネット回線は、上記に述べたようなものばかりではありません。
モバイルデータ端末が有れば、わずらわしい電話回線などは必要ありません。
このモバイルデータ端末をWiMAXと呼び、ワイヤレスでネットにつなげるサービスです。
お家の中だけではなく、どこにいてもインターネット回線を繋げることができます。

たとえば、WiMAXでインターネット回線を繋げるのには、ルーターと言う電波を発信する機械を使用します。小型で薄型なので外出時の持ち歩きもスマートフォンをもう一台持っているイメージですね。

またWiMAXには、モバイルデーター端末の他に、USBスティックタイプと無線ルーターのようなカードタイプ端末、WiMAXが内蔵されているパソコンもあります。

気になる料金ですが、インターネット回線とブロバイダー契約をするより、断然安くてお得です。月4000円を切る料金で、使い放題、速度制限なしと聞けば、これは検討の価値がありますね。スマートフォンのような2年縛りの契約などもないので安心です。

そのWiMAXのプロバイダーで代表的なものと言えば、UQ WiMAXやnifty WiMAX、biglobe WiMAXなど通信サービス会社やNECなどの電気メーカーグループのサービスなどが有ります。

メリットばかりのWiMAXですが、ひとつデメリットと言えば、場所によっては十分な速度が出ない場合があると言う事です。もし自宅が電波の悪そうな場所であれば、インターネット回線利用も考えなければいけません。

もうひとつのデメリットは、外出先での充電切れの心配です。使用時間が長くなればなるほど充電切れの心配が出てきます。モバイルバッテリーなどを一緒に持ち歩くのも良いですが、荷物が増えると言った欠点が有りますね。

その他のインターネット方法

インターネットを繋ぐ方法として、モバイルルーターと言うものが有ります。
これは、スマートフォンを利用する際に使用する格安SIMカードをモバイルルーターに入れて使用します。

このモバイルルーターをポケットWi-Fiと言い、スマートフォンにもゲーム機やタブレット、そしてノートパソコンの通信に利用できます。
使用する際は、ポケットWi-Fi自体は購入し格安SIMを、MVNOと呼ばれる通信会社と契約します。

格安SIMと呼ばれるくらいですので、料金が安いのは定評があります。
しかし、できればポケットWi-Fiは少し良い物を購入することをお薦めします。
その理由は、電波状況の良い物を購入しておく方が長年使用できますし、電波が悪くストレスを感じることも少なくて済むからです。

料金は安くて良いことばかりのようですが、こちらのデメリットは持ち運ぶものが増えるということと格安SIMはデーター通信量の少ないプランが多く、ノートパソコンやスマートフォンなどの複数のデバイスを使用する場合は、契約するプランは大容量の通信ができるプランを選択しておく必要があります。

その他に、デザリングと言う方法でインターネットを繋ぐ方法が有ります。
この場合は、デザリング機能があるスマートフォンが必要となります。

デザリングの方法をしては、スマートフォン本体をWi-Fiアクセスポイントとして、パソコンの無線LAN接続を利用して使用する方法。
スマートフォンとパソコンをUSB接続で使用する方法。
Bluetoothで接続利用する方法です。

Bluetoothも、やはりBluetooth機能を持っているスマートフォンが必要です。
使用方法は、デザリングと同じ手順です。

どの方法でインターネットを繋げるのかは、料金内容や通信速度などを比較検討して、もっとも利用しやすい方法を選ぶことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>